宝石すくい 一口ばらちらし

お昼の人気メニュー「特製ばらちらし」にヒントを得て誕生した、一口ばらちらし。

お寿司やお酒の締めに、大変人気があります。

中身はその時々で多少は変わりますが、一例として、鮪に鯛、えび、小肌、穴子、イクラ、奈良漬、ガリ、胡瓜など・・・

ネタの下のシャリにはツメをつけて、胡麻、山葵を載せてあります。

魚などの具材は、それぞれの色をコントラストにしてスプーンの上に並べてゆき、それらを醤油で軽く味付けして出来上がり。

見た目はまるで宝石を散りばめたようですよ。

名付けて「宝石すくい」。

口中調味で、渾然一体となった味を楽しめること請け合いです。

愛でてよし、食べてよしの宝石すくいこと一口ばらちらし。

お酒の最後の肴に、あるいはお寿司の締めにどうぞ。

※写真上が「宝石すくい」、下は夜の特製ばらちらしです。

カテゴリー おすすめグルメ | コメントはありません

ご視聴ありがとうございました

先日の、日本テレビ ニュースエブリ。

ご覧くださいましてありがとうございました。

おかげさまで良い仕上がりになっていました。

見てくださったみなさま、関係者の方々、そしてご協力いただいた全ての方々に感謝いたします。

これを機に一層精進してゆきますので、これからもよろしくお願いいたします。

八幡鮨五代目

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

日テレnews everyに出ます

急なお知らせですが、6月15日木曜日の日本テレビの情報番組「news every」に八幡鮨が出ます。

特集の「グルメ遺産」という18:15頃からのコーナーです。

ぜひご覧くださいませ。

http://www.ntv.co.jp/every/feature/index.html

カテゴリー おすすめグルメ, お知らせ | 1 コメント

瑞雲てまり

みなさまにお馴染みの雲丹の手毬ずし。

この手毬ずしに名前をつけました。

題して「瑞雲てまり」。

由来をすこし書きましょう。

瑞雲とは仏教用語で五色の雲の意味だそうです。

雲丹に巻いてある鯛が、棚引く雲のように見えるので、それならば目出度い瑞雲という名前を冠してみようと考えました。

もうひとつ、これはおこがましいのですが、五色の雲の五の字は五代目の五に通じ、雲の字は雲丹の雲の字に通じます。

雲丹の手毬ずし改め、「瑞雲てまり」がこれからも長く愛されますように、そして瑞雲てまりを召し上がる皆さんが、幸せな気持ちになれますように、これからも心を込めて握りますね。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

まかない58  サブログ

今回のまかないは牛丼です。

仕入れの際にまかない用の魚を選びますが、時にはお肉も使います。
お肉は場外にある肉の矢澤さんで。

ここでは牛や豚など美味しいお肉が並んでいます。

牛丼用に牛バラを1キロ購入しました。

煮込むと非常に美味しく仕上がります。

牛丼は何度かまかないで作りましたが、今回は味が整い、美味しくできました。

おつゆが染みたしんなり玉葱、牛肉と相性抜群でした。

ポイントは玉葱です。

まずはカレー同様にしんなりと炒め、じっくり煮ていきます。

おつゆが程よく染みたらお肉の出番です。

全体が馴染めば完成です。

ではいただきます!

うん、美味しい。美味しくできました。

5代目も美味しいと一言、嬉しいです。

一方4代目はどんぶりにご飯を盛り、かきこむうちにごちそうさま。

いつもエネルギッシュな4代目でした。

まかないではアドバイスもいただきなから作っています。

まかないも勉強のひとつです。

次回も頑張ります。時々ブログで紹介させていただきますね。

北島の牛丼、さぶちゃん牛丼でした。

img_2038.jpg

カテゴリー 北島サブのブログ(サブログ) | コメントはありません

レオタード!

あるパーティで四代目がタキシードを着ることになりました。

お店でお客様とその話題になったときに、お客様がふざけて「四代目はそのパーティでレオタードを着るんでしょう?」と聞きました。

レオタードのなんたるかを知らない四代目は、それがタキシードのことだと勘違いして、「そうなんですよ、レオタード着るんです!」と答えるではありませんか。

みんなが思わず吹き出していると、「なあ栄一、そうだよな?あれレオタードっていうんだろ?」と真顔で尋いてきます。

このときみんなの頭に浮かんだのは、四代目の新体操姿かバニー姿に違いありません。

結局、レオタードがどんなものか四代目は分からずじまいでしたが、それはパーティでレオタードを着たあとで伝えればいいですね^_^

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

初投稿となります 北島です

八幡鮨での修行

春で3年目となりました。
仕事を始めた当時、仕事をなかなか覚えられず足踏みが続きました。

飲食店でのアルバイト経験がありますが、今は寿司屋での修行。

容易には次に進めません。
まずは土台作り。

掃除や皿洗いなど、簡単に思えますが重要な仕事です。

ひとつひとつ丁寧にすることでお客様が気持ちよく食事していただける空間にできます。

次第に速さも身についてきますが、雑にならないように常に心がけています。
包丁は野菜用など扱ってきましたが、柳刃包丁などの和包丁はほとんど使用した事がありませんでした。

柳刃包丁を八幡鮨で初めて手に取った時、大根の桂剥きから始めました。

今までとは異なる包丁の使い方に全く扱えませんでした。

力の入れ具合や刃の使い方、刻む事を覚えるまで必死でした。

今でも勉強中です。
立派な職人になるためにもできない事をひとつひとつ身につける、道のりは長く思います。

努力は惜しまない事です。

今後は5代目のブログに北島が書かせていただく事となりましたので、修行の事など書かせていただきます。

これからもよろしくお願いいたします。
サブローこと北島慎也

カテゴリー 五代目のブログ, 北島サブのブログ(サブログ) | コメントはありません

北島くんがブログに加わります

みなさんにもおなじみの、若い衆の北島くんが、今回からブログの執筆に加わります。

いままでも、お店の前の立て看板に「週間北島通信」としてひと言書いてきましたので、書くということに慣れてきました。

そろそろステップアップして、お店のホームページのブログも担当してもらおうということになった次第です。

月に一度か二度のペースになると思いますが、どうぞ温かく見守ってやってくださいまし。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません
ページのトップへ▲