ネタのおはなし

冬から春へと季節が移ってきた今日この頃、鮨のネタにも変化がみられます。
多くのお客様が待ち望んでいらした生トリ貝が大きく甘くなってやって参りました。量はあまり豊富ではないようですが、味、柔らかさはグンバツです。
穴子も漸く美味しくなってきました。冬の間は脂が抜けてしまい、おすすめするのも心苦しかったのです。まだ九州産だけですが、夏が近づけば江戸前も獲れるようになるし、それ以降は松島あたりがまたおいしくなりますね。
雲丹もいいですね。北海道は厚岸や浜中、歯舞、水晶島など、とろけるほど甘くしっかりした上物です。これも初夏には利尻や礼文にかわってきます。
ひかりものは鯵(うちは主に関鯵)がだんだんよくなります。コハダもまだ当分いけますね!
と、まあ要するに北から南まで海に囲まれた日本ではどの季節でも美味しいものが食べられるわけです
!(^^)!ではまた、お店にて!ネタのおはなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です