夏のネタ

夏のネタ入梅後も爽やかな夏空がつづきますね。
海の魚たちも夏を感じているようです。
この時季おいしいのは白身ならイサキ!特に九州大分は佐賀関で獲れたものはあぶらの乗りもグンバツ!湯振りして皮ごといったら堪りません。
ひかりものならキス、イワシ、アジ。キスは酢〆を梅肉で、イワシ、アジは軽く酢洗いしたのをさっぱり生姜で。それに季節の茗荷でもあしらったら夏らしさ倍増。
穴子も今が旬。江戸前や常磐辺りのをよく仕入れます。毎日1.5~2キロほどを大鍋で煮ますが、煮上げると鍋が穴子のあぶらでギトギトになるほどです・・・
さて、真打ちはやはり雲丹ですね。今年もきましたよ。利尻ものが。いつもはたいてい北海道の歯舞や厚岸ですが、この2ヶ月は利尻、礼文ですよ。(礼文はあまり流通しないのでほとんど利尻ですけど)
これらは濃厚さが違いますよね。これを南極の塩でいただいたら言葉をなくすこと請け合いです(^_^)v
ほかにもいろいろありますが先ずは八幡鮨にGOです!!
待ってま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です