お料理作り

すし屋ってどこでも生魚が中心ですよね。でもお酒飲むお客さんにとっては、あいだに野菜物や火の通ったものがあると嬉しいものですよね。ですから五代目はそういったサイドオーダー的なものもつくっています。
夏なら「冷たい京風海鮮茶碗蒸し」だとか「焼き鮎の炊きもの」、「まるまる脂の乗った焼き鰯のおろしポン酢」などなど・・・野菜系なら、あま~いフルーツトマトを使った「トマト&梅きゅう」なんかね。
いくら活きが良くたって、お刺身とお寿司だけじゃあね。
お魚にしても、鮮度がグンバツなのは当たり前!それらにひと手間加えるのが楽しい。この時季ならきすや鯵の酢〆。白身の昆布〆、白身のヅケ。いさきは湯霜。煮物なら穴子にあわび。あわびなんかは生より煮たほうが断然美味いと思う。シャリとの相性もいいしね。
〆のお寿司には、ぜひこのあたりも押さえてくださいね。
コマーシャルでした(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です