石垣牛

五代目はすし屋のくせにお肉が大好物。お肉とスイーツのない人生なんて考えられません。
今年のこのコーナーのトリを何にしようかと迷っていた矢先、「美ら海からの年賀状」じゃなく「八重山からの石垣牛」が届きました。石垣の友人が「いしなぎやの石垣牛」を送ってくれました。これでトリは決まりです!もちろんウシです。
さてさて眺めていても始まらないので早速お料理しましょ。
芸術的にサシの入ったすき焼き用霜降り肉に、南極のお塩と胡椒を軽く打ち、熱したフライパンでサッと焼きます。仕上げに2~3滴の醤油をたらしできあがり。うっすら赤身の残ったあつあつのお肉は贅沢至極。値千金です。
お口の中でゆっくり味わいたいのですが、胃に引っ張られてあっという間に消えてなくなります。このあとはお茶もなにも口に入れずひたすらに余韻を楽しみます。しあわせっ!!
ああ、今年もいい年だったあ・・・来年も美味しい年になりますように・・・石垣牛石垣牛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です