クオーレ・ディ・ローマ

友人一家と代官山のイタリアン、クオーレ・ディ・ローマさんでお食事をしました。このレストランのオーナー今泉博氏は、かのサバティーニブランドの日本での育ての親です。
久しぶりの本格レストランでの食事に最初は緊張してしまいましたが、つぎつぎと登場する素晴らしいお料理たちに舌の鼓を打ちっぱなし。オーナーのお心遣いで、何種類ものお料理を愉しめるようにと、おすすめのものを2~3品ずつ盛り込んであり、贅沢至極です!
先ず前菜は毎日築地から仕入れる鮮魚のカルパッチョと茹でたての蟹のサラダ。ドレッシングが絶妙です。
つづいてのプレートは海老の玄米リゾットや平打パスタのトリュフソース、トマトソースの辛いスパゲッティ。リゾットのお米の食感が堪りません!
次はオーナー自ら切り分けてくださった生ハム。ちょうど食べやすい薄さで、口の中で溶けていくようです。
そしてメインは牛ヒレのステーキ、鴨とフォアグラ、イベリコベジョータの塩レモンです。それぞれがメインの、お肉のハーモニーです。幸せ!!
デザートは友人が考案したというワンスプーンのジェラート。本日のジェラート全種類をいただきました!モンブラン、マンゴー、ラムレーズン、チョコレートにミルク味・・・パラダイス!
〆はイタリアンの定番、ティラミスーとタルト2種。それにダブルのエクスプレスコーヒーです。
何を食べてもブオーノ!大満足でした。
最後に今泉氏と一緒に写真まで撮っていただき、素晴らしい夜でした・・・トラットリア・クオーレ・ディ・ローマトラットリア・クオーレ・ディ・ローマトラットリア・クオーレ・ディ・ローマトラットリア・クオーレ・ディ・ローマトラットリア・クオーレ・ディ・ローマトラットリア・クオーレ・ディ・ローマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です