青春18きっぷ、房総の旅-前編

一年ぶりに18きっぷを使って旅に出ました。
旅といっても日帰りで、房総は銚子までですけど。横向きに走る列車で、たらたら走るのはあまり好きでない五代目。今回は快速すいごう号に乗車です。
新宿を8時に出て、総武本線、成田線経由で10時半着。そこそこ乗り応えがありますね。
新宿駅でNREさんのお弁当を買い込みます。この季節限定の春小町や味噌カツひつまぶし風弁当、山菜おこわ弁当を選びました。五代目はもちろん味噌カツです。
特急車輌を改造した車内は快適です。会話も弾み、箸も進みます。
列車は車名のとおり水郷の都、佐原にも止まります。ここで半分以上の降車がありました。佐原もいつか訪れたい場所ですね。
左手に川幅の広い利根川、右手にたくさんの風力発電の風車が現われると、そこはもう終点の銚子です。
銚子といば銚電こと銚子電鉄ですね。
すいごう号から降りた人のほとんどがそのまま銚子電鉄の電車に乗り込みます。五代目たちもご多分に漏れず乗り込みましたが、なにぶん1輌編成ということから車内は山手線のラッシュアワー並です!
一時は経営の存続も危ぶまれた電鉄が、休日とはいえこれだけの集客をするのは嬉しいかぎりです。
車輌は地下鉄丸の内線の払い下げですが、それがかえって味をだしています。
単線をゴトゴトはしっていき、終点のひとつ手前の犬吠で下車します。ここから歩いて犬吠灯台まで行ってみましょう・・・青春18きっぷ、房総の旅-前編青春18きっぷ、房総の旅-前編青春18きっぷ、房総の旅-前編青春18きっぷ、房総の旅-前編青春18きっぷ、房総の旅-前編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です