うにめし!!

むらさき雲丹と蝦夷ばふん雲丹の塩水雲丹です。
それを熱々のごはんに混ぜ込み、雲丹めしを作っちゃいました。
ごはんから立ちのぼる磯の香りが堪りません!
浸かっていた塩水も少しご飯に加えたので、程よい塩加減です。おかずもなんにもなしで食べられます。
五代目は雲丹丼よりも雲丹めしの方が好み。万遍なく雲丹の風味を愉しめるとおもいます。
おすしでよく作るのが「炙りとろの雲丹めし握り」、あるいは、それの巻物。烏賊を雲丹めしで握って、お塩でいただくのもグーですね。

美味しく戴きました。ごちそうさまです!

うにめし!!うにめし!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です