もったいない

のりまきを巻く「巻きす」。

これは細い竹を凧糸で筏のようにつなげたものです。

使っているうちに、凧糸が切れてしまい、竹がばらばらになってしまうと、もう使えません。

ふだんはそこで、お役ご免としてしまうのですが、今回は四代目が直してくれました。

「こんなものむかしは、どこのすし屋でも、自分で直して使ったもんだ」と言って、器用に凧糸を巻き付けて、あっという間に直してしまいました!

お金を出せば、なんでも簡単に手に入る世の中ですが、「もったいない」の気持ちは忘れてはいけませんね。

もったいない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です