おじや

お寿司のしゃりを炊く時は、基本的に2升炊き。

夜、残ってしまうと、チャーハンにしたり(ちょっとすっぱいです)、お湯でしゃりを洗って、酢を落とし、お茶漬けにしたりします。

しゃりを炊くのも、お客さんの入りを予想したり、計算したりして炊きますから、極端にたくさん残ることはありませんが・・・

昭和の初め頃の、大恐慌のときは、相当に景気が厳しかったようです。

その頃は、しゃりが残ると、おじやにして毎日のように食べていたそうです。

おじやといっても、今のように具をたくさん入れるのではなく、ほんとうにシンプルなおじやですね。

その上、家族も多く、小僧さんも何人もいたので、まかないだけでも大変だったといいます。

これは三代目がまだ若い頃の話ですけど。

こんど、しゃりが残ったら、そんなおじやを作ってみようかしら・・・昔に想いをはせながら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です