女ひとり寿司

文化構想学部の小沼純一先生にお借りしました。

湯山玲子著「女ひとり寿司」(洋泉社刊)。

男性客の聖域とされている(?)寿司屋を、女性の作者氏がひとりで食べ歩き、女性の視点から、お店の雰囲気や心地よさなどを書いています。

そもそも、すし屋は一般的に、一見では入りづらいもの。

ましてや女性のひとり寿司ならなおのこと。

そんなすし屋で感じたことを、女性の一見客の立場から披露してくれています。

お店の特徴や名物、技などが紹介された本は多くあると思いますが、こういったかたちの本はめずらしいですね。

勉強になりました。

お客さんに、リラックスしてもらい、愉しんでもらうこと。

そういうお店を目指したいですね。

読み物としても十分に愉しめる本でした!

女ひとり寿司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です