真夜中の男ひとり料理

ふと、なにか作りたくなって、夜中に厨房で料理をしました。

料理といっても、あり合わせの材料で適当にやったのですが、こんなものが出来ました↓↓

◎「鱈の白子の穴子ロール」。

作り方は至って簡単。

白子を一口大にカットして、下味を付け、小麦粉をまぶしソテーします。

それを、冷蔵庫で冷やした煮穴子で巻いて、串で留め、さらにソテーします。

油はオリーブオイル。

熱の通ったところで、輪切りに切り分け、皿盛りして完成です。

ソースは、バルサミコ酢を醤油と砂糖で煮詰めたものを掛けました。

表面をカリッと焼いた穴子の中はトロトロの白子。

甘いソースとの相性も良いようです。

真夜中の男ひとり料理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です