三感王

読売ジャイアンツの元キャッチャー、阿野鉱二さんがよくきてくださいます。

輝けるV9時代に活躍した選手です!

V9時代の後半は、五代目はまだ小学生。

そのころは学校中がジャイアンツファンで、五代目も野球中継のときは、ジャイアンツのユニフォーム仕様のパジャマを着て、テレビにかじりついて観ていました。

キャッチボールもよくやりました。

弟(焼き鳥はちまんのマスター)のお腹に座布団をくくりつけ、俄キャッチャーに仕立て、五代目は堀内恒夫きどりで剛速球(?)を投げたものです。

球が逸れました。失礼。話が逸れました。

その阿野さんですが・・さすがキャッチャーなだけあって、頭の回転がすこぶる速いのです。

ジョークが次から次からポンポンでてきて、いつもこちらが愉しませてもらっています。

現役時代の試合中のいろいろなエピソードや、選手たちの話など、かなり面白い話題ばかりです(^^)

そして、阿野さんはプロ野球選手のご多分に漏れずグルメでもあります。

食に対するポリシーとでもいいましょうか、そういったものをお持ちです。

曰く、食の三冠王とは、「感動」「感激」「感謝」なんだそうです。

たしかに!

これぞ食の三感王です。

金言ですね。

八幡鮨も三感王めざしてがんばろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です