噺家の金兵衛さんは、落語だけでなく、踊りも笛もこなします。

踊りは以前、このブログでも紹介しましたが、今回はもうひとつの芸の笛を披露してくれました。

この日は三平師匠の席に呼ばれて笛を吹いてきたそうです。

世の中に噺家さんは大勢いますが、踊りも笛も出来る人は多くはいません。

ですから、マルチタレントの金兵衛さんは、いろんなところから声がかかります。

人気者ですね!

ところでその笛ですが、日本の笛の場合、音階の調節が出来ないのですね。

つまり、歌い手さんに合わせるためには、その人の音階に合った笛を用意しなければならないのです。

そのために、この日も笛を何本も持っていました。

お酒を飲みながら、笛の音を披露してくれましたが、澄んだいい音でした。

みなさんにも聴かせてあげたいなあ。笛笛笛笛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です