小川軒さんのシュークリーム

レーズンウィッチで有名な小川軒さんのシュークリームです。

いまどきは、生クリームたっぷりの爽やか系が主流ですが、小川軒さんのそれは、昔ながらのカスタード系です。

それも、しっかり仕事をして仕上げた美味しいカスタードです。

同じカスタードでも、舌触りがつるりとして、どことなく人工的なものもありますが、小川軒さんのはホンモノ。

それと、肝心なシュー生地ですが、パリッとして、なおかつ薄めで食べやすくできています。

巷流行しているクッキー生地のシューも美味しいですが、むかしながらの小川軒さんのものは「シュークリームは斯くある可し」といった感じの逸品です。

ただし、注意しなくてはならないのは、このシュークリームは時間を置いてはいけないこと。

なぜなら、美味しさのポイントであるパリパリ感は、時間とともに喪失していくから。

もし次の日に食べるなら、冷蔵庫で、はだかのまま保存するといいかもしれませんね。

庫内なら湿度が低いから美味しい状態を保てるかも知れません(当日消費が原則でしょうけど)。

ちなみに今回は、新橋の小川軒さんで買ってきました。

おすすめです。小川軒さんのシュークリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です