年季がちがう①

長くお店をやっていると、普段なにげなく使ったり、接していたりするものが、実はもう何十年と使い込んできた物だったりします。

例えば、お料理やまかないを作るためのフライパンや、ネタを仕舞うバットなどは50年ほども前から使い続けていますし、お米を量る一升枡に至っては100年近くも経っています。

しかし、それらは特別に保管するわけではなく、日常ふつうに使っています。

そんな年季が入った物の中で、八幡鮨の象徴的なものがあります。というか「います」と言ったほうがいいでしょうか。

それは、招き猫。

カウンターの端にちょこんと座るこの猫ちゃんは、戦後すぐからいますから、もう60歳を軽く超えています。

戦後間もない頃、行商のおじさんが売りにきたそうです(そのおじさんも生きていれば120歳以上だろうとのこと)。

以来お店の片隅に座り、毎日毎日八幡鮨とお客様を見守っていてくれたのでしょうね。

そう思うと自然と情が湧いてきます・・・

今は全体的に白っぽい体ですが、元は白い体に黒いブチだったそうです。

40年ほど前、四代目が猫ちゃんを綺麗にしようと、濡れふきんで磨いてあげたら、その黒いブチがほとんど剥げてしまったそうです。

まあ、今のほうがどことなく時代を感じていいかもしれませんね。

それにしても、むかしの招き猫は、今より猫らしい顔をしています。

そういえば、この猫ちゃんは名前はなんて言うんだろう?

———「我が輩は招き猫である。名はまだ無い・・・」
年季がちがう①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です