吉兆さんのお弁当

三平さんの顔見世興行の千秋楽で振る舞われたお弁当です。

噺家の三遊亭金兵衛さんが持ってきてくれました。

なんと吉兆さんのお弁当です!

さすがに日本を代表する料理屋さんのお弁当です。

お重のふたを開けると、いろとりどりのお料理がぎっしりとならんでいて、目にも鮮やかです。

そして中身も、見た目だけでなく、一品一品しっかりとした仕事が施してあり、煮物、焼き物、酢の物など、どれをとっても美味しく仕上げてあります。

特に、若竹の木の芽和えは筍の食感と京白味噌の甘さが絶妙です。

やはり料理屋さんの料理はいいですね。

きょうはいい勉強になりました。吉兆さんのお弁当吉兆さんのお弁当吉兆さんのお弁当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です