バック・トゥ・スクール

文京区の拓殖大学に、学長の渡辺利夫先生の講演を聴きにいってきました。

オープンカレッジの抽選に当たったのです!

大学の教室に入ることなど20年ぶりです。

会場は、大きな教室にもかかわらず、あふれるほどの人で超満員でした。

講演のテーマは「近現代史の中の日本とアジア−大陸関与か海洋同盟か−」。

冷戦崩壊後、世界的に台頭してきたナショナリズムに対して、日本の国家概念はあまりにも脆弱なのでは?、とのこと。

日本とそれを取り巻く国々の歴史的な関わりや、その変遷を通して、現代の激動する世界情勢のなか、こんご日本はどのような道を進んでいくべきかを、お話ししてくださいました。

講演はたいへん興味深いものでした。

質疑応答では、五代目も学生にかえった気分で質問をしてみました(的外れだったかもしれませんけど・・・)

帰りには、戴いた先生の新著「新・脱亜論」にサインしてもらいました(^_^)v

たのしかった!また学生時代にもどりたいなあ・・・

講演会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です