旬のにぎりー金目鯛の昆布〆

八幡鮨のにぎりでナンバーワンの人気を誇ります、金目鯛の昆布〆です。

もうひとつ、ジョイントナンバーワンで真鯛のヅケがありますが、こちらは以前紹介しましたので、きょうのオススメは金目鯛。

金目鯛というと、冬が旬と思いますよね。

しかし、この時季になってもなぜか脂が落ちません。

仕込みの段階で皮を引くと、包丁に脂がまとわりつきますから・・・

下味にはたっぷりの塩を振ります。

塩はアンデスの岩塩です。

そして、塩は拭き取らずそのまま戻した昆布でラップします。

昆布が余計な塩分を吸収してくれるんですね・・・昆布は偉いです!

できあがった金目鯛の昆布〆は、ほどよく身が締まって、甘くて美味しいですよ。

シャリとの相性もすこぶる良いので、ぜひ握りで食べていただきたいです。

※正直、この味に辿り着くまでずいぶん試行錯誤しました・・・・・旬のにぎりー金目鯛の昆布〆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です