おかえり!鈴鹿!

3年ぶりに鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催されました。

今日は残念ながらテレビでの観戦でしたが、SUZUKAはいつみても美しいサーキットです。

長いホームストレート、複合の1、2コーナー、S字、デグナー、立体交差、ヘアピン、それに130Rなどなど、ほんとうにすべてが最高のサーキットです。

五代目の好きな観戦ポイントは最終コーナー手前のカシオトライアングルと呼ばれるシケイン。

ウルトラハイスピードコーナーの130Rを全開の300㎞/hで抜けたF1マシンがフルブレーキングで飛び込んでくる様は迫力満点です。

曇りの日なら、オレンジ色に灼けたブレーキディスクがはっきり見えます。

そして最終コーナーに向けてシフトアップしながらフル加速するときのエグゾーストノートも堪りません!

今年の日本グランプリもいろいろなドラマがありました。

大きなクラッシュ続出の予選と、決勝でも終盤に起こったアクシデント。

全体を通してみれば、波乱のグランプリでした。

そんなレースを制したのは弱冠22歳のドイツ人ドライバー、セバスチャン・ベッテル。

シューマッハーの再来といわれる彼のドライビングはワンダフル!

この好青年にはこれからもエールを送りたいですね。

そして日本のチーム、トヨタは惜しくも2位。

ポディウムの中央に燦然と輝く日の丸をはやく見てみたい!

秋晴れの日本グランプリは、鈴鹿復活にふさわしい素晴らしいレースでした。

※上の写真は今回の優勝チーム、レッドブルの主力商品、エナジードリンクのレッドブル。下の写真の左側の男性がベッテル。おかえり!鈴鹿!おかえり!鈴鹿!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です