骨董品4

骨董品と呼ぶにはまだ新しすぎるかもしれませんが・・・

お店の顔、湯飲みです。

かれこれ40年以上も使い続けています。

ですから書いてある電話番号も203−1634で、まだ頭の3がありません。

今はどこの寿司屋さんでも寸胴タイプの湯飲みが主流ですが、当時はこのタイプが多かったのですね。

「八幡寿司(当時は鮨の字に統一していませんでした)」の屋号と模様はすべて手描きです。

いまでは、この窯元も描き手さんもいませんが、作品は多くのお客様に愛され、これからもずっと使われていきます。

湯飲みの作り手さんに敬意を表して、そしてお客様のために美味しいお茶を淹れていきますね。骨董品4骨董品4骨董品4骨董品4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です