食欲の秋

秋晴れの空にうろこ雲をみつけました。

鱗と言えば魚。魚といえばうなぎ。?・・・

ということで、日曜日に池袋にうなぎを食べにいってきました。

池袋の駅から歩いて15分ほどの、住宅街のなかにある「豊松」さんというお店です。

このお店の名物は「しゃもじ」と呼ばれるうなぎの頭をミンチにして焼いた酒肴と、生にんにくで戴く蒲焼きや白焼き。

おさけの弱い五代目ですが、まずは冷たいビールであつあつのしゃもじをいただきます。

木のしゃもじに件のミンチがのっていて、表面はしっかり焼き色がついています。

食感はまるでふんわりしたパテのようで、元がうなぎの堅い頭とはとても思えません。

ひとつでは足りず、おかわりをしてしまいました。

そしてメインは蒲焼き。

かなり大きなうなぎの一本焼です。

柔らかく蒸してあり、焼きもしっかりしているので、ひとくち食べてパンチがきます。

かといってタレが濃いというわけではなく、技が光っているということですね。

食べていると、ご主人が刻みにんにくを持ってきてくださいました。

最初にも書きましたが、こちらの名物の食べ方です。

そしてこの食べ方、蒲焼き+にんにくが絶妙なコンビネーションなのです!

うなぎは味が強いので、にんにくと食べてもまけないのですね。

これには驚きました。

高知で出会った「鰹の焼切り」以来の驚きです。

ほんとうは白焼きも食べたかったのですが、残念ながら売り切れとのこと。

もういちど行ってみたいうなぎ屋さんです。食欲の秋食欲の秋食欲の秋食欲の秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です