日本のてっぺんのホタテ

日本の最北端の地、稚内は猿払から帆立貝が届きました。

帆立貝というと、たいてい養殖ものですが、この帆立貝は天然もの。

5年間も流氷の海で育まれた貝です。

剥いてみると殻のサイズの割に、貝柱は大きめです。

さっそく、握って食べてみます。

しゃりの酢加減と山葵の爽やかさ、そして帆立の甘さが三位一体となり、舌が喜びの声を上げます。

お客様にも好評でした。

おかげさまで、その日のうちに完売です。

オホーツクの海は、これから厳しい冬を迎えます。

冷たい海の中でたくさん栄養を蓄えて、美味しくなって戻ってきてね!日本のてっぺんのホタテ日本のてっぺんのホタテ日本のてっぺんのホタテ日本のてっぺんのホタテ日本のてっぺんのホタテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です