カーバンソンのケーキたち!

おなじみ神楽坂のカーバンソンのケーキを戴きました!

箱を開けてみるとそこには味も性格も違うケーキちゃんたちがずらり!

目移りしましたが、五代目の手はモンブランにアプローチします。

濃厚だけれど甘過ぎないマロンのペーストと、中の生クリームが高い次元でハーモナイズされています。

生地の部分はメレンゲを練り込んであるのか、軽くてもっちりしていて、オーソドックスなタルト生地やスポンジとは一線を画しています。

相変わらずハイレベルなケーキです。

ほかにもシュー・ア・ラ・クレームやサバランもとっても美味しいんです!

濃いめに淹れたエスプレッソといっしょに、午後のひとときを愉しみました。

たいへん美味しゅうございました。カーバンソンのケーキたち!カーバンソンのケーキたち!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です