ドラマ

ふだんめったにテレビを見ない五代目ですが、最近3本ものドラマにハマっています。

フジテレビの「不毛地帯」、NHKの「外事警察」、そして「坂の上の雲」です。

「不毛地帯」は山崎豊子さんの、「外事警察」は五代目が最も好きな作家、麻生幾さんの、そして「坂の上の雲」は言わずと知れた司馬遼太郎さんの小説ですね。

五代目はどれも読んだか、あるいは読みかけのものばかりで、それが映像になったわけですからうれしくて・・・

特に「不毛地帯」と「坂の上の雲」は、活字をこれほど忠実に映像にできるのか!というほど、頭で描いてきた映像と一致するのです。

麻生幾さんの小説は、映像にしてももちろん素晴らしいのですが、やはり活字のほうが幅もひろく、骨太で、奥が深いですね。

放映時間中にリアルタイムでは見られませんから、お店が終わってから、お風呂に入り、寝間着に着替えてビデオで観てます。

それからブログを書くと、ほとんど朝になってしまうのですが    〜(0)/

先日、某テレビ局のプロデューサーさんがいらして、おっしゃってました。

「不毛地帯」も「坂の上の雲」もとても質の高い(かけてる費用も高い)ドラマだと。

さあ、今日は「不毛・・」を見よう!

愉しみだあ!ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です