新春コンサート1812年

池袋の芸術劇場で、小林研一郎さん指揮の新春コンサートを聴いてきました。

楽団は日本フィルハーモニー。

曲目は、ドヴォルジャークの「新世界から」、チャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」、そして「1812年」です。

「新世界から」は年の初めに相応しい曲です(ちょっとはげしいですが・・・)

2曲目のバイオリンは、ソロの矢野玲子さんのバイオリンが最高でした!

そして最後の「1812年」は編成も大きくなって迫力満点です。

大太鼓が大砲ならもっと良かったのですが、さすがにそれは無理ですね。

それにしても、コバケンさんはエンターテイナーです。

客席の後方にいくつかの管楽器を配置して、そちらを、つまり客席のほうを向いて指揮してくれるではありませんか!

もう感激です。

炎のコバケンの名のとおり、力強い指揮です。

さいごに熱くなった聴衆をクールダウンさせることも忘れません。

アンコールは「ユモレスク」。

お正月からパワーをもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です