グリークラブ

グリークラブのみなさんが来てくれました。

早稲田のグリークラブといえば、小田和正さんと歌ったことやテレビコマーシャルなどでたいへん有名ですね。

この日はどこかで公演があったようで、みなさん揃いの服を着ていました。

ですから今夜はその打ち上げでしょうね。

グリークラブは食事の時もグリークラブなんです。

食事の前に乾杯するときは、乾杯のための歌を歌いながら乾杯するんです。

それがまたかっこいいんです。

今回は若い部員さんがメインだったので、すこしばかりサービスをしました。

そしたらお礼にと合唱をきかせてくれると言うではありませんか!

決して広いとはいえない八幡鮨の2階の座敷にみんな整列して歌います。

彼らと私たち聴衆との間はせいぜい2メートル!

ふだんなら講堂やホールでしか聴けないグリークラブの歌をこんなに間近で聴けるなんて幸せです!

まずは古関裕而さんの「紺碧の空」。

お酒がある程度入っているにもかかわらず、いざ歌いだすと皆ストイックなほど真剣です。

そして23人もの合唱は聴く者の心をもろに揺さぶります。

2曲目は、うちが寿司屋ということでしょうか宮城の民謡「大漁唄い込み」。

彼らのこの心遣いに感動もひとしおです!

グリーのみなさん、ほんとうにありがとうございました。グリークラブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です