ファイティングポーズ

K−1などで一世を風靡した総合格闘家の佐竹雅昭さんとのツーショットです。

さすがヘビー級だけあって超でっかいです。

でもカウンターに座っていると普通の人とかわらないんですよ。

ということは足が長いってことですね。

佐竹さんのキックはK−1選手のなかでもトップクラスの破壊力でしたから、この足の長さが有効だったんでしょうね。

佐竹さんはとっても明るい方で、K-1時代のことや海外でのトレーニングのエピソードなどをいつも面白おかしく話してくれます。

それにしてもカウンターのなかは特等席です。

いろんなお客様からバラエティーに富んだお話を聞くことができるんですから。

大学の先生方の専門的なお話や、ビジネスのお話、世界情勢やらなにやら・・・

寿司屋のカウンターの中という小さな空間にいながら、幅広いジャンルの勉強ができる。

なんて幸せなことだろう!

すばらしいお客樣方に心から感謝です!ファイティングポーズファイティングポーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です