不毛地帯

毎週毎週愉しみにしていたフジテレビの「不毛地帯」が終わってしまいました。

過酷なシベリア抑留から生還して、以後商社マンとして国益を追求した主人公に毎回共感を覚えたものです。

特に終盤の石油開発のくだりでは、高校の頃読みあさった落合信彦さんの本がフラッシュバックしてきました。

「石油は世界最大の丁半博打」・・・ぞくぞくするほどの快感です。

見終わった今は脱力感と達成感が入り交じった、しかし満たされた気分です。

おもしろかった・・・不毛地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です