たち・・うぉっ!

八幡鮨のお料理御指南役でもあるアークフラッシュの笹川さんが、息子を釣りに連れて行ってくださいました。

沼津にほど近い静浦というところでタチウオ釣りです。

漁船で沖のポイントまで走り、そこで半日糸を垂れます。

垂れるといっても、じっと待つのではなく疑似餌を使って魚をおびき寄せるのだとか。

その日はわずかに風の吹く釣り日和で、タチウオが大漁でした。

釣って数時間のタチウオは、ギラリと妖しい光を放つ日本刀のようです。

お店に届けてくださったので、早速お刺身にします。

ほとんど扁平な魚なのに、脂はけっこうと乗っています。

皮目だけごくサッと湯霜にして、キンキンの氷水で身を締め、それから切り身にしていきます。

盛りつけてから食べてみると締まった歯ごたえと甘い脂が口の中で調和します。

即興でもう一品、幽庵地に近いつけダレで仕上げた焼物を作ってみました。

少し濃い味にしても魚がしっかりしているから美味しく仕上がります。

タチウオはあまり食べたことのない魚ですが、こんなに美味しくいただけるとは知りませんでした。

息子は素晴らしい経験はさせていていただくし、五代目はおいしい体験をさせていただくし・・・

笹川さんに心から感謝です。たち・・うぉっ!たち・・うぉっ!たち・・うぉっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です