ダックワーズ

福岡の銘菓、16区さんのダックワーズをいただきました。

いまでは広く知られているダックワーズ。

実はこのお店のオーナーシェフの三嶋さんが生み出したものなのです。

パリの16区のARTHURでシェフを務めていたときに、日本のもなかをヒントに考案したそうです。

ですから、いただいたダックワーズは食感が最中のよう。

普段口にするそれは、どちらかというとクッキーの食感に近いような気がします。

でも、まさかダックワーズの生みの親が日本人だとは思いませんでした。

うれしいですね。

ところで、ダックワーズを届けてくださったのは福岡在住の早稲田大学OBの女性なのですが、彼女がまた面白い方なのです。

まず彼女は筋金入りの鉄子ちゃんです。

帰省するときや旅するときは、基本列車。

それもブルートレインなどの夜行寝台をよく利用します(現在はほとんど廃止になってしまいましたが)。

なにより、お名前が最強の鉄子ネームです。

具体的に書くとプライバシーに抵触しますから書きませんが、姓も名も列車のそれです。

ステキ過ぎですね。

そして、召し上がるほうも素敵です。

特に雲丹に対する入れ込みは八幡鮨のお客様の中でナンバー1間違いなし。

雲丹のケーキをホールで食べることと、雲丹のプールを口を開けて泳ぐのが夢とおっしゃるのですから!

・・・

五代目の夢は、生クリームのプールで泳ぐことかな。

でも雲丹も生クリームも食べ過ぎはよくありませんね。

ダックワーズからだいぶ話が逸れてしまいました。

今日のお昼休みには、お煎茶とダックワーズでおやつにしましょう。

ごちそうさま。ダックワーズダックワーズダックワーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です