レビン

戸棚を整理していたら、学生時代の写真がたくさん出てきました。

その中の1枚に懐かしの名車、トヨタのAE86レビンがあったのでブログに乗せます、いや載せますね。

じつはこのレビンは五代目のではなく、カーキチのともだちのクルマです。

その彼のカーキチぶりはかなりのもので、同棲していた彼女に固定電話をねだられたときも、指輪をねだられた時も「電話はチューンナップできねえ!」、「指輪は走らねえ!」と一蹴していたくらいですから。

五代目のうちには配達用のライトバンしかなかったので、もっぱら彼のレビンで走り回っていました。

黒とゴールドのツートーンのハッチバックボディはどこへ行っても注目の的でしたね。

シートはレカロ、ステアリングは超小振りなモモ社製、もちろんパワステなんかなし。

クラッチはダブルクラッチで、低速でのミートがむずかしかったなあ。

サスペンションは2巻きカットしたかなりのシャコタンでした。

でも趣味の悪いゾク車とは違ってセンスはよかったです。

レスポンスの良いエンジンをブン回して、深夜の首都高なんかを走ったものです(もちろん法定速度は順守です!)。

昔の写真を見てたら、久しぶりにマニュアルのスポーツカーを運転したくなっちゃいました。

でも、もう何年も公共交通機関しか使わない五代目にスポーツカーなんて運転できるのかしら?

せいぜい夢の中だけにしておきましょうね。レビン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です