久慈次郎さんと祖母

みんさん、社会人野球の敢闘選手に贈られる久慈賞をご存知でしょうか。

この賞は、大正時代に活躍した早稲田大学野球部の名捕手、久慈次郎選手の名を冠したものなのです。

大正時代、まだ「八幡屋(はちまんや)」と名乗っていた当店は野球部員のたまり場でした。

監督の飛田穂洲先生は時たま顔を出される程度でしたが、選手たちはよく来ていたものです。

そんな選手のなかに久慈次郎さんがいました。

当時十代だった祖母ゆきは学生さんたちの人気の的で、ゆき目当てに来ていた学生さんも大勢いたほどです。

ゆきと久慈次郎さんは顔立ちが似ていて、そのため学生さんたちは面白半分に久慈さんを「ゆきちゃん」、ゆきを「次郎さん」と反対にして呼んでいたそうです。

なんとも微笑ましい光景ですね。

ちなみに久慈さんはその後、プロ野球(ジャイアンツの前身)に初代主将として参加を要請されましたが、それを辞退して、北海道でアマチュア野球を続けました。

しかし昭和14年、試合中の事故で惜しくも還らぬ人となってしまいました。

のちの昭和34年、最初の野球殿堂入りを果たしたひとりとなり、先の久慈賞と併せ、球界にその名を残されています。

※写真は久慈次郎さんとゆき(ゆきは若い頃戸塚小町と呼ばれていました)久慈次郎さんと祖母久慈次郎さんと祖母

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です