入れ食い

アークフラッシュの笹川さんに海釣りに連れていったいただきました。

沼津の静浦漁港に係留してある船でポイントに出かけます。

港を出ると、陸側には雄大な富士山が近くに見えます。

五代目は釣りをするのは20年振りくらいでしょうか。

以前、沖縄で友だちと漁船をチャーターしたことがありますが、そのときは台風一過、天気晴朗なれど波めちゃめちゃ高し状態だったので、竿に触れることもできませんでした。

ですが今回は、湖面のように静かな凪。

おかげで釣りに専念できました。

釣り方は、こませのオキアミを魚籠に入れて釣る、もっとも簡単なやり方です。

五代目のような初心者にはうってつけの釣り方ですね。

笹川さんはルアーという疑似餌で楽しまれていました。

いざ始めてみると釣れるは釣れるは!

入れ食いです。

中型の鯖がポンポン上がります。

食いついたときのビクビクッというあの感覚が堪りません!

楽しくて楽しくて!

ほんの数時間で100本ちかく釣れました。

おそらく、ニジマスの釣り堀でもこんなに釣れることはないでしょうね。

船には地元の漁師さんもご一緒だったので、釣った魚はその場で活締めしてもらいます。

おかげさまで帰ってから魚をさばくのがたいへん楽でした。

釣りは午前中で早々に切り上げました。

そして、沼津インターそばの温泉センターでのんびり入浴してから帰路につきました。

すばらしい経験をさせていただきありがとうございました。

入れ食い入れ食い入れ食い入れ食い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です