民主化

チュニジアに端を発した民主化要求デモ。エジプトではたいへんな状況になっていますね。同国で出国できずに足止めされている邦人が多数いるようですが、一刻も早く帰国できるといいですね。

民主化と聞くと東欧諸国でのドミノ式の民主化が思い起こされます。あのときは独裁的共産主義からの脱却ですから期待と希望で大いに興奮したのを覚えてます。

今回のアフリカ諸国での民主化はどうなるのでしょう?

国民の目指すものが一緒だといいのですが、民主化をすることによって部族間や宗教上の対立が出てこなければ良いですね。あるいはレアメタルなど多くの可能性が眠るアフリカですから、さらに拡大すれば持つ地域と持たない地域での対立も生まれるかもしれません。どうなることでしょう。

そして、アフリカ以外の国もあるいは戦々恐々としているかもしれませんね。広大な国土を持ち、内政問題を抱える国ではアフリカの問題は即、自国の問題に繋がるでしょうし。

国民の目を背けるために、また反日カードを切られたらたまりませんね。

おっと、今回はかなりつっこんだブログになってしまいました。おしまいにしま〜す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です