旬のにぎり – 煮はまぐり

今年も煮蛤の季節ですね。お寿司には一貫ヅケでちょうどいい型の蛤を使います。一個が80g程度のものだと剥いたときにちょうどいい大きさになります。

旬のにぎり 煮はまぐり

仕込みは、水管の砂を取ってサッと茹で上げた剥き身に丁寧に包丁をいれて開き、肝を取り除けば身のほうは完成。

漬け込む煮汁は、先ほどの茹で汁に砂糖や醤油を加えて味を調えます。

並べた身をその漬け汁に入れれば出来上がり。一晩ほど寝かせて味を馴染ませてからお出しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です