熱唱ヒットパレード

夏でスタミナが低下しているので、お肉をたべて頑張ろう!

お料理指南の笹川さんに近所の焼肉屋さん「大昌苑」さんに連れていっていただきごちそうになりました。

久しぶりの焼肉に胸が躍ります。

まずは丁寧に処理されたユッケから頂き、大好物のはらみの焼肉、仕上げは冷麺をいただいていきます。

放射能問題などで、安全性に黄信号が灯りだした牛肉ですが、国や自治体、それに畜産家が責任とプライドを持って絶対に安全なで美味しいお肉を提供してください!!

肉のない人生なんて考えられませんからね!

 

そして、焼肉でスタミナをつけたあとは、近くのカラオケで熱唱タイムです。

トップバッターは笹川さん。

いきなり英語のオールディーズのナンバーからスタート。

レイチャールズの「我が心のジョージア」はソウルフルで、まるで本人が歌っているのかと錯覚してしまうほどの歌唱力です。

そして驚くのが、笹川さんの歌う台湾の歌謡曲の巧さです。

まるでネイティブの発音する台湾語のうたを聴いているよう。

こうなれば五代目も負けてはいられません。

サラ・ヴォーンの「ラヴァーズ・コンチェルト」やビリー・ジョエルの「ピアノマン」で対抗して行きます。

うちの奥さんや子どもも熱唱して、楽しいカラオケになりました。

歌唱力ではまだまだ笹川さんにかないませんが、真剣に熱唱するのはとても楽しいですね。

もっとレパートリーの幅を広げて頑張ろう。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です