サリース・ド・ベアルンいろいろ

おなじみの南フランスの塩泉塩、サリース・ド・ベアルンを今年もたくさん戴きました。

最近では、鴨ハムの下ごしらえの塩もサリース〜を使っているのですが、フルール・ド・セル(結晶の細かい上質の塩)ではもったいないからと、サリース〜の粗塩をわざわざ福田育弘先生が買って来てくださったのです。

今回は、お塩のほかに塩チョコレートや塩キャラメルもお土産にいただきました。

地元サリース・ド・ベアルンのチョコレート屋さんでは、ベアルンの塩をいかしたチョコレートが人気なのだとか。

このチョコレート、単に塩気が効いたチョコではなく、もっとダイレクトにチョコの表面に塩がまぶしてあるのです。

チョコレートを舌に乗せたときに塩の旨味が直に広がる感覚は、いままで体験したことのないものですね。

キャラメルのほうも仕掛けがしてあって、舐めていくと最後の最後に塩の粒が現れます。

その塩の粒を噛むと甘くなった口の中が引き締まって、これは堪りません!

病みつきになる味です。

この塩チョコレートと塩キャラメル。

いつか日本でもブレイクするだろうな。

たくさんのお土産をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です