季節の移ろい

秋はお魚がおいしくなります。

まぐろに秋刀魚に小肌、さば。

毎日さかなを捌いていると、季節の移ろいとともにさかなも変わっていくのがわかります。

脂の乗りや、身の締まりかたなど、すこしずつ変化してくるのです。

例えば鯵は夏にもっとも脂が乗るのですが、それも8月を過ぎると目に見えて痩せてきます。

秋刀魚はそれとは対照的に今いちばん肥えています。

野菜も魚も養殖の技術が発達して、一年中口にすることが出来るようになりましたが、やはり自然のものには旬があり、その旬がわれわれに季節の移り変わりを教えてもくれます。

日本の四季は素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です