穴子のうざく風

早稲田大学の小沼先生に勧めていただいてから読み出した鰻画「う」。

うなぎ好きの五代目には禁断の書です。

この鰻画の中にも出てきますが、鰻屋さんの代表的な肴にうざくがあります。

そう、うなぎの蒲焼きの酢の物ですね。

酸っぱいものがちょっと苦手な五代目ですが、なぜかうざくは大の好物。

うなぎの脂とお酢の相性がいいのでしょう。

穴子はうなぎほど脂がありませんが、穴子を使ってうざくのようなものを作ってみました。

お正月でちょうど紅白なますがあるので、なますと胡瓜の小口切りも使います。

香ばしく炙った煮穴子をなますの上に載せて三杯酢を掛けて、刻み柚子を散らします。

うなぎほど濃厚にはなりませんが、これはこれで美味しいものです。

みなさんもぜひお試し下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です