焼き秋刀魚のおろしポン酢

9月に入り、朝夕は少し過ごしやすくなってきましたね。

過ぎ行く夏を惜しむかのように、外では蝉の大合唱です。

アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ。

蝉たちと同様、五代目も夏が終わってしまうのがさびしい・・・

海の魚たちは夏が過ぎて秋になるといきなり美味しくなるものもあります。

そう、秋刀魚です。

今は北海道で主に獲れていて、日に日に肥えていくのが分かります。

八幡鮨では新鮮なものを生で食べていただくのはもちろん、これを焼いてもお出ししています。

題して「焼き秋刀魚のおろしポン酢」。

皮目を強火で焼いて、中はミディアムレア状態。

これに大根おろしとたくさんの薬味を載せて、さっぱりポン酢でいただきます。

香ばしく焼けた皮目とジューシーな身がポン酢と絡んでおいしいですよ。

やはり「秋刀魚は早稲田に限るぞ」。

ですね(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です