情熱的な

先日、オーチャードホールにコンサートを聴きに行ってきました。

ベトナムでのコンサート以来、久しぶりの演奏会です。

楽団は東京フィル。

指揮者は新進気鋭の女性指揮者アロンドラ・デ・ラ・パーラさん。

曲目は、ピアソラのタンガーソ、2曲目もピアソラでバンドネオン協奏曲、そしてブラームスの交響曲1番です。

バンドネオン協奏曲は緩急織り交ぜた曲で、バンドネオン、ハープ、ピアノ、バイオリンが調和するところがなんとも素晴らしくおもました。

ピアソラのカラーもよく出ています。

そして、ブラームス。

1から3楽章まではオーソドックスな感じの演奏ですが、最終楽章は違います。

デ・ラ・パーラさんの本領発揮というか、アップテンポで、どことなくラテンな雰囲気の第4楽章になっています。

だからといって、それが異質なものというわけでは決してなく、何か新鮮なものとして自然に受け入れられてしまうのです。

終演と同時に、あの広いホールが万雷の拍手で包まれ、至る所「Bravo!」の嵐が。

あの日以来、第4楽章が頭から離れなくて困っています(笑)。

情熱の指揮者、デ・ラ・パーラさん。

素晴らしい演奏と指揮に出会えて幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です