スカイツリー&屋形船ツアー

日曜日に八幡鮨のお客様ご一行様のバスツアーを催行しました。

総勢40名での大型サロンバス貸し切りツアーです。

行き先は、いま注目のスカイツリーともんじゃ焼き屋形船。

当日はあいにく朝から雨が降りしきっていましたが、club YHT(八幡鮨クラブ)の皆さんは雨なんてへっちゃらです。

お昼過ぎに八幡鮨を出発して、まずは開通したばかりの東京ゲートブリッジを見学します。

遠くから見ると、恐竜が臥しているように見えることから、別名「恐竜橋」。

エレベーターで道路のレベルまで上がって歩道を散歩すると、足もとには東京湾が広がり、自分が海の上に浮いているような錯覚を覚えます。

雲が多くて見えませんが、頭のすぐ上を羽田空港から飛び立った旅客機が飛び去って行きます。

晴れた日に、飛行機を見上げながらこの橋を渡ったら気持ちいいでしょうね。

橋から降りてバスに戻り、ブリッジから一路スカイツリーを目指します。

バスの車内では、助っ人で参加してくれたバイトの紋未嬢がバドガールに変身して、お客様方に生ビールを注いで廻ります。

生ビールはキリンビールさんからの差し入れで、ついでに野球場でやっている背負う生ビール一式もレンタルしました。

これはみなさんから大好評をいただきました!

ビールやおつまみで盛り上がったころ、バスはスカイツリーに到着。

空模様は芳しくないけれど、そのおかげで、というか殆ど渋滞もせず、並ぶこともなくタワーに入ることができました。

近未来的なエレベーターで第一展望台に上がり、五代目たちはそこから第二展望台へと進みます。

嬉しいことに第二展望台はかなり空いていて、ゆっくり見て廻ることができました。

そして幸運にも、雲が早く流れだし、雲の切れ間から下界(?)が見渡せます。

ツリーのあとは、小一時間ほど浅草を散策。

五代目は浅草寺をお参りしたあと、梅園さんでみつまめをいただきましたよ。

そして最後のイベント、屋形船に向かいましょう。

屋形船はいま流行りのもんじゃ船です。

五代目はもんじゃ焼きを食べるのは初めてなので、馴れた人が作ってくれたものをいただきました。

これが思いのほか美味しく、ましてみんなで食べるので美味しさがさらに際立ちます。

新木場の乗り場を出て、お台場で停泊。

美しい夜景を見ながらののもんじゃ船はなかなかオツなものでした。

屋形船がアンカーを上げると、長かった一日もそろそろお開き。

出発地の八幡鮨に戻り解散です。

とても楽しかったお客様方との一日。

またいつか別の企画でツアーを行ってみたいとおもいます。

ご参加

くださったみなさま、誠にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

最後にお世話になった総和観光様ありがとうございました。

素晴らしいバスと安全運転のドライバーさん、そしてステキな添乗員さんに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です