うまかっちゃん

九州在住のお客様から九州限定のラーメン「うまかっちゃん」をいただきました。

五代目が子どもの頃には東京でも売っていたように思いますが、いまでは全く見かけなくなっていました。

当時はラーメンと言えばサッポロ一番やチャルメラなどのしょうゆ、みそ、しおぐらいしかありませんでしたから、とんこつ味というものに出会ったときは衝撃を受けたものでした。

ちょうどお腹が空いていたので、早速作ってみます。

麺は若干柔らかめに仕上げるのが五代目の好み。

卵も一緒に煮込んでみます。

盛り付けには九州ラーメンらしく高菜か紅ショウガが欲しいところですが、無かったのでガリで代用しました。

丼(どんぶり)に移し、ほうれん草と海苔を載せて出来上がり!

久しぶりにいただくうまかっちゃんは、子どもの頃に食べていたそれよりかなり美味しくなっています。

代用にしたガリもなかなか相性がよろしくて、瞬く間に食べ終わってしまいました。

食後のデザートには、これも戴き物のお菓子「博多通りもん」と「ぎおん太鼓」をいただきます。

美味しいものをたくさんにありがとうございました。

ごちそうさまです。うまかっちゃん NEC_1646※余談ですが、最近「どんぶりもの」のことを「どんもの」などという呼び方で呼ぶ人が増えているような気がします。

あれはテレビの影響でしょうか。

もしそうだとしたら、困ったものです。

みなさん、あまりテレビや流行などに惑わされず、自分の言葉を使ってくださいね。

なあんて、そういう自分がいちばん危なっかしかったりしてね(^^)〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です