白いのれん

このところやっと五月らしい陽気になってきましたね。

東京では日によって30℃近くになり、夏を感じる日もありますし。

こうなると八幡鮨も、そろそろ夏ののれんに衣替えしなくてはいけませんね。

冬は濃紺に白抜きで「鮨」と入っていますが、夏ののれんは白地に黒文字です。

冬用は昼間は引き締まっていいのですが、夜になると暗ったくていけません。

その点白いのれんは明るく涼しげで清潔感がありますね。

いや、清潔感は紺色でももちろんあります!

陽気も魚もそしてのれんも、季節の移ろいとともに変わっていきます。

写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です