歩き歩いて今ゴール

早稲田大学で毎年恒例で行われている「100キロハイク」。

今年も2日間の全行程を歩いた強者たちがゴールの早稲田に帰ってきました。

先頭集団は大きな声で「紺碧の空」を歌いながら元気に行進しています。

仮装している人も、満身創痍のように疲れきっている人も、ゴールを目の前に目に自信を湛えているように見えます。

青春のすばらしい思い出になることでしょうね。

みんなごくろうさまでした!

写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です