鮎のすし

香魚の名を持つ川魚、鮎。

明治初期の江戸前ずしでは、この時期によく鮎も登場していたようです。

最近急にそんな寿司を作ってみたくなり、昔の寿司の絵を参考にしての挑戦です。

作り方は、こはだや鰯を〆める要領で、身の厚さや脂の乗りなどを考慮した〆加減。

特に頭は硬いので、そこだけさらに長めに酢締めをしてあります。

ある程度長めに寝かせて完成です。

爽やかな感じを味わえる一貫に仕上がったとおもいます。

機会があったらぜひお召し上がり下さいね。

※鮎ずしは事前にご予約いただけると幸いです。

image

image

写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です