真打ち披露千秋楽!

三遊亭金朝さんの真打ち昇進披露公演も、本日日曜日がいよいよ千秋楽。

八幡鮨一門と西早稲田応援団で、永田町の国立演芸場まで行ってきました。

この日は最後の披露公演ですから、大師匠にあたる金馬さん一門が勢揃い。

口上披露では三遊亭金八さん、金馬さんの息子さんの金時さん、金馬さん、そして師匠の小金馬さんが金朝さんのために口上を述べてくれます。

その間、金朝さんはずっと頭を下げたまま。

先輩師匠たちに門出の言葉をもらって幸せですね。

披露口上の前後にはもちろん落語があります。

金馬一門の落語だけを聴く機会など、そうそうあるものではありません。

きょうは本当に良い日です。

金八さんは「まんじゅう怖い」、金時さんは「棒鱈」、金馬師匠は「七五三」ときます。

ここで中入りがあって、口上と続き、小金馬さんの「紙入れ」。

そして、千秋楽の大とりは当然のことながら三遊亭金朝師匠です。

演目はおめでたい「御神酒徳利」ですね。

長い話ですが、金朝師匠は貫禄十分にやっています。

噺が終わると、超満員の会場は割れんばかりの大拍手。

これで目出度く無事に披露興行も幕を下ろしました。

さてさて、ここからが真打ちとしてのスタートです。

さらに芸を磨き、より多くのファンを味方に付けていってほしいですね。

まずは今月の八幡鮨の落語会「たかたのばば寄席」からよろしくお願いいたしますm(_ _)m

image のコピー

image のコピー

image のコピー 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です