八幡鮨のぬか漬け

パリパリポリポリ。

胡瓜や蕪、人参や茄子など。

ぬか漬けにすると美味しくなる野菜たち。

八幡鮨のぬか漬けはもちろん自家製です。

何十年も使い続けたぬか床を使って、毎日美味しい漬物を作っています。

胡瓜なら、まな板の上でしっかり板ずりしてお塩を馴染ませて、半日は漬け込みましょう。

蕪は十字に切れ目を入れて塩とぬかを万遍なくすり込んでおくと、早く美味しく仕上がります。

季節や気温によっても漬ける時間や塩加減は変わります。

ぬか床もいつも元気でいてもらうように、栄養分として、葉物や昆布やビールなんかをあげたりしてるんですよ。

ぬか床が元気だと、漬け物に乳酸菌がしっかり染み込んで、甘みがぐんと増すんですね。

お寿司の合間に、八幡鮨の美味しいぬか漬けを召し上がってくださいね。

20140406-171137.jpg

20140406-171159.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です