おみそしる

私たちが日常いただいているお味噌汁。

地域によって味付けも具材もさまざまですね。

関西出身で名古屋にお住まいのお客様が、八幡鮨のお味噌汁をのまれて感激されていました。

なんでも、名古屋ではお味噌汁といえば赤だしのことを指しそうで、白味噌ベースのお味噌汁はほとんど出てこないのだとか。

学校の給食でも毎回赤だしが出されるそうです(パンと牛乳ばかりで、ご飯も味噌汁も全く出なかった五代目世代の給食からすると、お味噌汁の出る給食なんて羨ましい限りですが)。

名古屋の味付けは全体的に若干濃いめだそうで、薄味の関西で育った方には殊の外塩辛く感じるようです。

今回東京に来られて、東京風のお味噌汁を口になさることができてホッとされていたご様子。

五代目の感覚からすると、名古屋から西のほうの味噌汁は基本的に赤だしなのだと思っていたのですが、どうやら違うようですね。

以前、たまにおじゃましていた六本木の味噌汁割烹の志る角さんでいただく赤出しは格別でしたので、赤出しは五代目のもっとも好きな味噌汁なのですが、この方のように生まれ育ったところとは違う土地の味付けは、日常的なものとなると馴染めないものなのかもしれませんね。

八幡鮨にいらしたときは、東京味のお味噌汁をお楽しみくださいね。

※写真はランチでお出ししているあら汁です。

IMG_5365

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です